その常識は古いかも!?チョコレートと美容の新常識!

2021/1/18

皆さんはチョコレートを食べると翌日にニキビができやすいという話を聞いたことはありませんか?

 

昔からよく言われているので一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

今回はチョコレートとニキビ、美容の関係を徹底解説していきます。

 

【ニキビの原因】

ニキビは毛穴が詰まってしまい、炎症を起こしている状態のことを言います。

 

そもそもニキビはなぜ出来るのでしょうか。

 

原因として挙げられるのが過剰な皮脂や毛穴のつまり、アクネ菌の繁殖です。

 

これらの原因が重なると肌に現れてきます。肌に触れてみてザラザラした感じがしたら要注意です。

 

ニキビができやすくなっている状態です。

 

この状態が続くと炎症を起こし、にきびになってしまうのです。

 

【ニキビとチョコレートの関係】

チョコレートを食べると翌日にニキビができやすいというのは現在は科学的根拠がないこととされています。

 

ただ糖質を過剰に摂ることで血液中に糖分が余っているとそれが体内のタンパク質や脂質と結びつき、老化促進物質を生み出してしまいます。

 

老化促進物質コラーゲン繊維を破壊したり、老廃物が皮膚の細胞に沈着したりお肌に大きなダメージを与えることになります。

 

油分の多いものを多く食べると皮脂の分泌が多くなることもわかっています。

 

また美容と食生活は切っても切れない関係であると言われています。

 

偏った食生活を続けることで肌のターンオーバーが乱れてしまうからです。

 

ターンオーバーが乱れるとお肌の環境が乱れてしまうので結果としてニキビができやすいお肌になってしまいます。

 

5大栄養素と呼ばれる炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂ることが一番大切です。

 

ストレスを貯めることは良くないので食べたいと思ったら食べても大丈夫です。

 

食べすぎにだけ注意しましょう。

 

【チョコレートと美容】

チョコレートの中でもカカオ70%以上のものは美容におすすめです。

 

高カカオチョコレートは糖質が少なく、カカオポリフェノールが豊富に含まれています。

 

カカオポリフェノールは抗酸化作用が高いと言われ、肌の老化を防いでくれる役割を果たします。血管拡張作用もあり血流を良くする作用があるため、冷え性の改善にも期待できます。

 

さらにカカオポリフェノールを1日に320〜460mgを摂取すると紫外線防御にいいと言われています。

 

この量を摂取するには70%以上の高カカオチョコレートを25g食べる必要があります。

 

1口サイズのチョコレートはだいたい5〜10gなので小腹がすいたときや仕事の合間のブレイクタイムとして3〜5枚くらい食べると良さそうです。

 

糖質も少ないので間食におすすめです。

 

【まとめ】

 

今回はチョコレートと美容の関係について紹介していきました。

 

チョコレートは選び方によってニキビができやすい肌にも美肌にもなることがわかりました。

 

甘いチョコレートと高カカオチョコレートを賢く食べ分けながら美肌を目指しましょう。

 

この文章の制作者名:nanostyle

-未定
-

© 2021 Site for Life <mask&trend ver.> Powered by AFFINGER5