メンズスキンケア:美容液についての紹介 [悩みにアプローチ]

2020/11/11

 

この記事では、美容液の基礎知識について紹介しています。

 

美容液って一体なにするものなの?(性能)

美容液ってどう使うの?(簡単な使い方)

化粧水と美容液の違いってなんなの?(比較)

 

こういった疑問を解決することができます。

 

また、疑問を解決することでこういったことが得られます。

 

スキンケア持続のモチベになる。

スキンケア時、目的と行動が整理される。

使える知識が手に入る。(美容の知識)

目的に合った美容液選びが成功しやすくなる。

 

といった効果が得られると思います。

 

化粧水や乳液、オールインワンシリーズを使う方はおおいとおもいますが、美容液を使う方は、

 

スキンケア未経験〜初心者の方で

 

あまりいない印象を受けます。

 

それでは、美容液について紹介していきます。

 

美容液とは?

 

化粧水を塗った後、様々な目的で使われる美容液。

 

美容液の役割は、

 

保湿、美白、美容成分をはだに届けるためのスキンケアアイテムだと言えます。

 

保湿については、乳液のついての記事で紹介しています。

 

この

 

”美白””美容成分”

 

というキーワード、わかるようでいまいちわからない言葉だと思うので、

 

この記事では、美容液の役割を、この”美白””美容成分”の2つのキーワードから紐解いていきたいと思います。

 

美容液で得ることのできる、”美白”とは?

 

美白について、僕はよくわからなかったので様々な記事を調べてみと、一番わかりやすかったのがWikipediaさんの回答でしたので、引用しています。

 

美白(びはく、Skin whitening, Skin brightening[1])とは、色素沈着が少ない、白くて明るい肌の色のことである。日本では古くから「色の白いは七難隠す」(色白の綺麗な肌の女性は相貌がそれほど端麗というわけでなくても十分に美人の印象を与える[2])と言われ、白い肌が美人の象徴とされてきた。近年では男性に対してもそれを求められる風潮もある。

 

他の記事では、

 

色素沈着がなく、全体的に透明感のある状態

色素沈着による、シミやくすみがない肌

 

などが挙げられていました。

 

ここからわかることがは、

 

美白≒色素沈着がすくない

 

ということです。

 

では、色素沈着とは、いったいなんなのか。

 

僕は、答えをさがすべく、サファリパークへと向いました。

 

するとこのような情報があったので、引用します

 

「色素沈着」は、色素細胞から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着して起こる黒ずみのこと

 

メラニン色素が皮膚に溜まっていくことで、できる黒ずみのことを色素沈着というみたいですね。

 

さらに調べていくと、いわゆるシミのことのようです。

 

では、シミが直れば美白だといえるのか?

 

黒ずみがなくなれば、色素沈着が少ない状態にはなります。

 

 

肌が強付いていたり、乾燥して突っ張っていたり、

 

シワができて、たるんでいたりすると、白くてきれいな美白肌とは言えませんww

 

なので、美白効果がある美容液は、効果として、、

 

黒ずみにアプローチしてくれるもの。

 

だと考えて良さそうですね。

 

美容成分とは?

 

シミを直すだけであれば、20代後半や30代から、意識し始める、スキンケアアイテム。という位置づけになりそうですが、美白効果意外に、美容効果。というものがあります。

 

美白についてはなんとなくわかったと思うので、次は美容についてです。

 

引用ばっかですが、わかりやすいものがこれでした。

 

顔やからだつき、肌などを美しく整えること。「全身美容」
美しい顔かたち。美貌。

 

ざっくりしているので、美容はとにかく、きれいになったりする成分が入っていれば、美容成分ととらえていいのでは?という結果でした。

 

つまり、ここで大事なことを話しますが、

 

美容効果があり、美白効果が得られる

 

と言えます。

 

また、言い換えると、

 

シミを治す美容効果があるスキンケアアイテムが、美容液である。

 

とも言えますww(くどいくてすいませんww)

 

要は

 

美容>美白

 

といった関係を表せると思います。

 

なので、

 

ニキビを直す成分

くすみをよくする成分

肌をきれいにする成分

 

であれば

 

”美容成分”

 

であるといえそうですww

 

なので、美容液は基本的に、

 

シミを無くす成分が入っているスキンケアアイテム。

また、ニキビやくすみ、シワなどに効果のあるスキンケアアイテム

保湿効果をあげるスキンケアアイテム

 

と言えると思います。

 

美容効果がある!ていう表記がある場合は、

 

どういった美容効果があるのか?

 

を考えるとわかりやすいですね。

 

美容液と化粧水の違い

 

では、化粧水と美容液を比較してみると、

 

結果こうなりました。

 

化粧水は肌の水分を調節するためのアイテム

美容液は肌の直したい部分にアプローチするためのアイテム

 

ニキビや、シミ、くすみなどが悩みの方は美容液を使った方が良さそうですね。

 

また、乾燥やゴワツキが悩みの方は、化粧水がいいように思えます。

 

基本的な流れは化粧水、美容液、乳液ですが、

 

美容液、乳液の2つを使ってみて効果があれば、

 

肌は治るので、それでもいいと思います

 

目的に合ったスキンケアの方法をカスタマイズして、無理のない生活スタイルを目指したいですね。

 

まとめ:目的に合ったアイテムを使おう。

 

今回は美容液について、紹介しました。

 

美容液ってわかりづらいことばですねっっw

 

化粧水も初めて聞いたら、

 

?ってなる言葉ですよね。。

 

適当にいいかえるのであれば、

 

水分補充液とお悩み解決液とでもいったとこでしょうか。(素人の意見ですっw)

 

まあ、肌がきれいになって生活が潤えばけっかおーらいなので、

 

美容液を活用したくなった方は、つかってみてください!

 

以上、美容液についての記事でした。

-未定
-

© 2021 Site for Life <mask&trend ver.> Powered by AFFINGER5