スキンケアの基本は掃除から。化粧品を使ったケアの前に必ずしよう。

この記事ではスキンケアの基本の掃除に関して紹介しています。

 

化粧品を使ったケアだけ毎朝晩やっても肌が治らない方

 

部屋の掃除をやってますか?

結論、部屋の掃除をやらないと、寝てる時間に肌はダメージを食らいます。

 

スキンケアはやってるはずなのに効果がいまいち得られていない方必見です。

 

それでは本編へどうぞ。

布団の掃除が肝

人が一日の中で、仕事場の次に長く滞在するであろう場所はベッドの上、または敷布団の上です。

 

畳などの上で寝る人は畳でもいいと思います。

 

そして、布団と枕、冬場は毛布などでしょうか。

 

これらをとにかく1週間単位で見た時、毎日とはいかずとも週に3~4回は変えていくと清潔な睡眠環境を作ることができると思います。

 

もちろん、布団に入る前はシャワー等で身体が綺麗になっていることが前提です。

 

ベットなどがあると、つい風呂に入っていない状態で横たわってしまうかもしれませんが、

 

ベッドに汚れがつき、夜の7時間〜8時間を肌にとって汚い環境で過ごすことになります。

 

これではせっかく買ったメンズスキンケア用品で朝晩肌をキレいにしても肌の治療時間をしっかりとることができないと考えられます。

 

スキン・マスク
肌を治すための薬を塗るのに、寝るところが肌にダメージを与える場所では治るイメージはつかないですよね。

 

寝具を清潔にするのは大変な作業ですが、ファブリーズなどを使ってこまめに洗浄することは可能です。

 

できることからコツコツケアを始めれば、3年〜5年でやらなかった人よりも成果は上がると思います。

 

ファブリーズ

 

 

また、寝具の掃除にはダイソンの掃除機をお勧めします。

 

吸引力が半端なく、菌のセンサーが付いているものもあるで、寝具の状態をチェックできます。

 

寝具についた汚れを一掃し、綺麗な肌へ導いてくれるでしょう。

 

ダイソンの掃除機

 

 

ルンバのようなお掃除ロボもダイソンから出ているので、気になる方はチェックしてみてください。

 

あなたがいないときでもスマホで管理。自力でお掃除を頑張るロボです。

 

 

仕事環境を整える。

次に、仕事環境です。PCワークや軽作業、ドライバーの方など、その他仕事はたくさんあると思いますが、

 

大事なのは顔に手が触れる際、その手は清潔な状態か否かです。

 

スキン・マスク
ここまでくると、あまり考えたくない、神経質な感じもしますがてで顔を触る人は結局365日それらを続けていくわけですから。これが3年〜5年続けば肌の治りは遅くなるのは明確です。

 

顔を触らない人より、顔を触る人の方が肌にダメージがかかります。

 

なので、

 

顔を触る癖を治すか、仕事中に仕事道具を清潔に保つなどの工夫をすると、肌へのダメージを軽減できると思います。

 

スキン・マスク
PCをよく触る方などはPCの掃除、手の除菌アルコールを準備するだけでも、手の清潔な状態が保たれるので、効果があると思います。

 

なので手を綺麗にする除菌のジェル、PCを掃除するためのウェットシートなどの準備をお勧めします。

 

 

 

 

(病気などの対策にもなるのでお勧めです!)

おもしろ商品

Amazon

※スライムでお掃除!詳しくはAmazon内の商品説明動画をチェック!

ke_dacoffee

約1000円と高額だが、容器のデザインが良いのでインテリアとして置けそうです。

スライムなのでびっしり隙間汚れを取ってくれそうなイメージがあります。

おしゃれな掃除用具です。(ドンキとかで売ってありそうですね)

 

衣装ケースの掃除

次に挙げるのは衣装ケースです。

 

虫などが入らない用に防虫剤などを入れておくといいと思います。

 

また、こまめにケース内を掃除しておくと清潔な状態の服を清潔な状態で収納することが可能になります。

 

スキンケアをする場所の掃除

スキンケアをする場所の掃除も大切です。

 

スキンケア用品の容器に菌がついてしまったりする可能性があるからです。

 

何よりも、清潔への意識、モチベーションが低下するのを防ぎたいのでこの項目を入れました。

 

家庭に1台あると重宝しそうなアイテムです。

 

 

洗濯機/乾燥機の掃除

洗濯機、乾燥機の掃除も大事です。

 

服を清潔にするアイテムが汚い。掃除されていないと洗濯、乾燥の質が下がりますよね。

 

一人暮らしなどする際も意外と掃除方法が分からなかったりする項目なので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

 

物干し場の掃除/完備

物干しをする場所やハンガーが汚いと服が乾燥している際に汚れます。

 

汚れた服を着ると、その後の時間を汚れと共に過ごすことになります。

 

なので、物干し場は清潔にしましょう。

 

最後にスキンケア

最後にスキンケアグッズです。

 

自分に合った化粧品をまず、トライアルセット等で試し、肌に合うものを見つけます。

 

肌に合うものが見つかったら、3ヶ月〜半年くらい続けてみて、効果を感じたら2年〜3年続けて使ってみます。

 

これで肌が綺麗になれば生涯のアイテムになりますし、そのコスメを起点にして新しいコスメを探すことも可能です。

 

スキン・マスク
ということでおすすめのトライアルセットはアスタリフトメンです。僕は無印良品の商品と併用して使っています

 

一度試してみてはいかがでしょうか。お勧めです。

 

 

 

summary

今回の記事では化粧品を使ったスキンケアではなく、掃除で行うスキンケアについて紹介しました。

 

部屋の掃除(特にベッドの掃除ができていれば肌を清潔に保つことができると思います。)

 

一週間単位で無理なくベッドを綺麗にする方法なども紹介しているので、気になる方はこちらをみてみてください。

 

それではまた別の記事で会いましょう。

 

byebye٩( ᐛ )و

 

-運営者情報